‘新着情報’ カテゴリーのアーカイブ

全国一斉街頭活動 北朝鮮による拉致問題の解決

2018年6月3日 日曜日

全国の青年組織が中心となり「青年局全国一斉街頭行動」を実施。本県では、新城市と名古屋市中区の3会場において行い、北朝鮮による拉致問題の解決を訴えました。

一刻も早い拉致被害者全員の帰国を実現するため、これまでの取り組みを強く訴え、この問題を風化させない一心で15年間にわたり活動を続けてきました。

青年局では引き続き、北朝鮮に対し核兵器を含む大量破壊兵器と弾道ミサイルの完全廃棄、拉致被害者全員の帰国を求める政府の取り組みを全力で後押ししていきます。

中部経済連合会との懇談会

2018年5月28日 月曜日

組織活動の一環として、広域的かつ総合的な立場から調査研究し、提言・要望活動を行なう中部経済連合会の皆様と懇談会を実施。

本年度の事業計画、中部圏5.0の提唱、スーパーメガリージョン構想における中部圏の課題意識などについて説明をいただきました。

その後は、愛知県が取り組む国際展示場に関わる中部圏の交流拠点、県と名古屋市が連携して政策を遂行するための方策など、短い時間の中にもかかわらず実りある意見交換となりました。

終了後の交流会では、中部・愛知が掲げるビジョンについて活発な意見交換の場となりました。

全国一斉街頭行動「私たちが決める!この国のかたち」

2018年4月15日 日曜日

青年局、青年部、学生部が一堂に集まり、18歳選挙権と憲法改正をテーマにした街頭活動を名古屋市内において開催。
本年は4月に18歳選挙権と憲法改正、6月に拉致問題をテーマに実施します。
次回は6月3日、北朝鮮による拉致問題の解決について、若年層へ呼びかけていきます。

県下青年局長会議

2018年2月17日 土曜日

県下青年局長会議が開催され、自民党愛知県連の第21代青年局長に中根義高(県議・岡﨑市および幸田町選出)氏が選ばれました。

岩本たかひろ(名古屋市議・緑区選出)前局長をはじめ諸先輩方が築いてこられた青年局に敬意を払いながら、邁進していきます。

第2部の講演会では党本部青年局学生部長の鈴木隼人先生にお越しいただき、「青年・学生が描く日本の未来」をテーマに、若者への政治参加を促す政策についてお話しをいただき、有意義な会となりました。

昨年の総選挙における多くの負託に応えるため、数に驕ることなく謙虚な姿勢で行動しなければなりません。

来年の統一地方選挙と参議院選挙へ向けた組織固めの1年として、青年局が先頭に立ち、党の一翼を担っていく決意であります。

青年局中央常任委員会 党本部

2018年1月31日 水曜日

全国各ブロックからの代表中央常任委員が一堂に会し、平成30年の活動方針や党執行部への申し入れが協議されました。
3月に行われます全国青年部・青年局大会の採択へ向けて、今年の党本部青年局が始動です。
その後、塩谷立選挙対策委員長による講演では、昨年の衆議院選挙の総括と今後の各種選挙対策について丁寧な説明をいただきました。
本県からは、北野よしはる青年局政調会長、田口広康青年部長が東海ブロックを代表して出席。

街頭演説会IN千種区本山

2017年12月16日 土曜日

お地元の田畑毅衆議院議員、伊神邦彦名古屋市会議員、辻秀樹県会議員に参加いただき、青年局遊説委員会・委員長:服部しんのすけ名古屋市議主催の街頭演説会を実施しました。
18選挙~日本には若い力が必要です~をテーマに、給付型奨学金制度の創設(平成30年度から支給)や若者の就職率が過去最高(大学生97.3%、高校生97.7%)に達するなどの実績を訴え、これからの地方創生の課題として、大学進学時および就職時に地域の将来を担う人材を確保することや若い世代が働きやすい雇用環境を整備するなどの「働き方改革」について取り組んでいかなければならない。

愛知県行政書士政治連盟との意見交換会

2017年11月21日 火曜日

昨年に引き続き、愛知県行政書士政治連盟前田望会長との意見交換会を実施。今回は「非行政書士の窓口規制」と「各自治体の成年後見制度利用支援事業に係る親族調査等の業務委託」をテーマについて議論しました。

自治体による成年後見制度の利用に伴い、親族調査などの業務委託における課題を共有すると同時に、今後、行政書士法の遵守と手続き業務が適正に確立されるよう関係機関に働きかけていくことも重要であると考えます。

高度な専門知識を有している行政書士が、市民と行政の架け橋として県民市民の利益・利便に応えるため、多種多様な役割において法務手続きが円滑に行なわれなければなりません。

青年部・青年局東海ブロック会議

2017年11月12日 日曜日

自民党青年局・青年部による東海ブロック会議は、党本部より鈴木けいすけ青年局長をはじめ多くの青年局国会議員にお越しいただき、幹事県として名古屋市内において開催しました。

東海4県の青年代表が一堂に集まり、本年の活動報告や来年度の活動方針などを協議。
その後は、憲法改正の議論や18歳選挙権拡大以降における学生部の取り組みについて、終始闊達な意見交換が行われました。

その後の懇親会では、互いの交流の場として実りある会となり無事閉幕。多くの方々にご協力をいただき、ありがとうございました。

柔道整復師連盟との意見交換会

2017年9月21日 木曜日

自民党愛知県連の青年局組織委員会今井隆喜委員長:県議による各種団体との意見交換との一環で、医療・介護などの分野において、日頃から地域に根ざした活動を展開される、愛知県柔道整復師連盟の皆様と相互の理解を深めることを目的に開催。はじめに、森川伸治会長より挨拶をいただき、連盟側から柔道整復業界の現状と課題についてプレゼンテーションを受け、その後、地方自治体との防災救護協定や地域包括ケアシステムにおける柔整師の活用など、様々な課題について意見交換を行ないました。急速な高齢化社会において、生活支援や介護予防による健康増進の必要性が高まり、これまで以上に、地域における医療や介護サービスを提供できる環境をつくることが大切であると実感しました。

青年局海外研修IN台湾

2017年8月21日 月曜日

愛知県連青年局は、海外研修の一環で台湾を訪問しました。

初日は、日本の外務省にあたる外交部の台湾日本関係協会が主催する夕食懇親会に出席。
張淑玲(チョウ シュクレイ)秘書長をはじめ幹部の皆様と、台湾における政治・経済の現状や日台関係の近況、アジアの外交政策などについて有意義な意見を交わすことができ、終始和やかな雰囲気に包まれました。

2日目は、旧総督府時代を代表する建物として存在感を誇示する台湾総統府を表敬訪問。
昨年リニューアルされた館内の常設展示を解説員の説明とともに案内していただきました。
クラシカルな中にも現代的なアーティスティックデザインで統一感のある演出は、共感を呼ぶものがありました。
同時に戦後72年が経過した今も随所に統治時代の軌跡を辿っていることに、改めて親日的な国民性を肌で感じることができました。